人間交差点

たのしいです僕の人生は

こんばんは。

夜もどんどん冷えてきて部屋にいても足先が冷たくなる時期になってきました。

ちなみに僕は絶対に暖房をつけません。喉がやられるからです。後、つけたら眠たくなってダラダラしてしまいます。部屋は少し寒いくらいがいちばん良いです。

今日は昼から上島珈琲店でコーヒーを啜りながら読書をしたり、iPadを駆使していろいろと調べ物をしていました。

寮にいると練習に出るか、ダラダラするかしか出来ない環境を自分自身で作り出しているので、外に出れば何かせざるを得ない状況が作れるので最近は無理矢理そうしています。

上島珈琲店にはヤイヤイ騒ぐ若者とかおばさん達も基本的にいないので割と落ち着いて本を読んだり、勉強できます。今日も良い時間を過ごすことが出来ました。


最近は短編集を読むのにハマっています。


f:id:onara931:20151122002604j:plain


これは【短編工場】という作品です。

今年の夏ぐらいに買ったんですけど、すごく気に入っていて何度も何度も読み直しています。

短編集は長くもなく短くもなく適度に読み易いです。時間を忘れて読み進んでいくことも好きですけど、短編集はひとつの話が終わるとそこで区切りをつけれるので時間をうまく使えてる感じがします。ひとつの話を読み終わると良い意味で集中が切れるというか、少しの時間で満足感を得られるといか、そんな感じが好きです。

僕がこの作品の中で特に好きなのは奥田英朗さんの『ここが青山』という話です。

この話は、ある男性が所属する企業が倒産し失業するところから始まります。その男性の嫁は失業の話を聞いて、もともと働いていた研究所で再び働くことになりました。そして夫は嫁に変わり、専業主夫として暮らしていくことを決めます。夫は専業主夫をすることで気付くこともあり、嫁も再び働くことで気付くこともあり、その描写がうまく書かれていてすごく良い話です。

全部話すともしブログ読んでくれてる人がこの本を読むときおもしろくなくなったら嫌なんでやめときます。


もし読みたい人がいれば言ってください。貸します。

けっこう本気で面白いので、是非読んでほしいです。


寮に帰ってからは小嶋と航が借りてきたドラゴンボールカイジを見ました。

ドラゴンボールを初めて見ました。老若男女問わず、あれだけ人気がある理由が少しわかったような気がします。すっごくおもしろくて不思議な設定です。全部見てみたいと思いました。


カイジ藤原竜也香川照之の渾身の演技に惹き込まれました。



もう疲れたんで寝ます。おやすみなさい。