読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間交差点

たのしいです僕の人生は

何事もやってみることが大切らしい

今日も朝から練習に行きました。
野球っていいな〜って毎日思いながら過ごしています。
頑張ることって大切だと思います。



練習終わりに食堂に行くと4年間、苦楽を共に味わった仲間と久しぶりに再会しました。

f:id:onara931:20151118183606j:plain


左から山田 岩崎 池田

山田はヒゲ生やして渋くなってました。
岩崎は色彩が薄れて太ってました。
池田はとにかくすべてがかっこよくなってました。
各自バイト、遊び等で青春しているそうです。
ついこの間まで共に暮らしていた仲間でしたが、久しぶりに会うと些細な変化にも気付きます。
短期間でこれだけ変わるのだから何年後かに会ったときはもっと変わっていると思います。
純粋な心だけは変わらずにいたいですね。

f:id:onara931:20151118185944j:plain


親友の水原くんも来てくれました。
岡山から埼玉まで車を走らせたそうです。
なんと走行距離800キロ。
シェネルのアルバムを100回くらいリピートしたそうです。
ビリギャルが見たいという個人的な思いだけで寮まで来て無理矢理ツタヤに連れて行かれました。
どうやら彼は借りたDVDを無くし、今この時間、この瞬間にも延滞金が跳ね上がっているそうで自分のカードで借りれないそうです。

そんな彼がゴリ押しするビリギャルを最初は嫌々見てました。
茶番だと。ギャルが慶應なんて茶番だと。
しかし、その汚れた想いは開始20分程で打ち消されました。
完敗です。

素晴らしい話でした。感動しました。
頑張ることって大切です。
支えがあるって大切です。
やり遂げる根性も大切です。
うまく言えないですけど素敵でした。
この映画ってただ頭の悪いヤンキーが勉強を頑張るだけの話じゃないんです。
ヤンキーが通うことになった塾講師の坪田先生が素晴らしい教育者で、出来ないところを責めるのではなく、出来ている部分や考え方を評価して成長に繋がるタイプの物腰が柔らかく優しくて前向きな先生でした。
ただガミガミ怒るだけの指導者では慶應大学合格の目標は達成されなかったと思います。
映画を見て改めて指導者の存在って大切やなって思いました。良くも悪くも。
スポーツも勉強も本人次第ではあるけれど、指導する人が本当に大切だと思います。
指導者が人生を変える場合もあります。
僕自身、平安高時代の監督の様々な面からの教育で人生が良い方向に変わりました。
その場、その場で出会う人って本当に大切だと思いました。

f:id:onara931:20151118190930j:plain


皆さんもよかったら見てください。